第18回JFL 2nd-S 第8節試合結果【監督・選手コメント追加】

9月10日(土)沼津市:愛鷹陸上競技場にて開催されましたvs.Honda FCの試合結果をお知らせ致します。

 

アスルクラロ沼津 vs. Honda FC

愛鷹陸上競技場 15時 キックオフ

 

前半 0−0

後半 0−1 得(Honda FC)

結果 0−1

 

【吉田監督コメント】

本当に暑い中、6、874人の大声援でチームを後押ししていただき感謝の気持ちでいっぱいです。

勝利する喜びを届ける事ができず、現場の責任者として心から申し訳ないと思っております。

 

選手達はチームが勝つ為に、積み上げて磨いて来たものをチーム一丸となって出してくれました。

泥臭く、しぶとく戦うことでシュート数、決定機の数は相手を上回りましたが、止めを刺せなかった。

これは個人のミスでなくチーム力が足りなかった。

 

リーグ戦もマラソンで言えば残り10kmを切りました。意地でも先頭集団に残り最後はTOPでゴール切る。

ここからチームが勝つ為に、全員でペースを上げて真面目に走る気持ちがチームの最大の武器。

 

悔しさを絶対に忘れず、ひたむきに日々の練習をしたいと思います。

 

 

【尾崎選手コメント】
ー試合を振り返って

この試合が大事な試合になる事は選手も十分わかっていました。そのために、この中断期間準備してきました。 
その中で、試合の入り方は今まで以上に意識し、アスルクラロらしさが出ていていいリズムだったと思います。 
自分達の良さ、良い守備から入るという部分ではできていたと思います。 
時間が経つにつれて、相手にボールを持たれる時間が長くなりましたが、それも想定内の事。我慢強く守備をしてカウンターで得点チャンスを作るところまでは集中して粘り強くできていたと思います。 
サッカーの試合では良い時間帯、チャンスでものにできなければ、相手に流れが変わったり、息を吹き返してくる時間帯が出てくる。まさにそのままに得点を許してしまいました。 
試合の流れなども考えて、そういう時間帯になっても、守りきれるメンタル、組織力が必要だし、そこは個々の意識ですぐに変えられる。次の試合に修正しなければならいと思います。 


ーたくさんのサポーターが愛鷹に訪れました。サポーターへ向けて

残り7試合、もちろんすべて勝ちにいく。まず次の青森との試合に最善の努力と準備をして臨みたいと思います。 
沢山の人達がスタジアムに来ていただいて、最高な雰囲気を作ってもらって本当に感謝してます。 
勝つ事ができず本当に申し訳ないです。 
この静岡県東部地域にJリーグチームを作る為に、自分達も今まで以上に強い覚悟を持って残りの試合戦います。
___________________________________
いよいよ首位ラインメール青森(13日現在)との18日アゥエーでの闘い。
サポーターの皆さんアスルクラロ沼津の選手へ熱い思いを届けましょう。

  • 沼津魚仲買商ひもの加工組合 静浦ひもの協同組合
  • Pizzeria Bar Diciotto ピッツェリア バール ディチョット

© 2013 azul-claro-suruga All Rights Reserved.

azulclaro