MENU

【7月9日(土) カマタマーレ讃岐戦】今井雅隆監督 試合後コメント

今節を戦うにあたり、攻撃でスペースがあまりない相手に対してどう攻略をするかということが課題としてありましたが、
前半にビックチャンスが2回、後半に1回、我々が狙っている形が少しは出せました。

守備の方では、下がることなく自分たちのファーストポジションから
みんなが前向きにボールを狙って取りに行く、取れなかったらその次のボールを狙う形を意識していました。

全体的に、攻守ともに自分たちが前向きにサッカーができ、我々が狙っていたものが出せたゲームでした。

最後はPKでしたが、佐藤尚輝がボックスの中に入れば何が起きるかわからないと強く思い、
チャレンジしてくれた結果、決めることができたと思います。
前節同様落ち着いて、相手をみながらゲームを運べたことを選手たちには自信にしてほしい内容でした。

 

ファン・サポーターの皆様の大きな応援の力により、今日の勝利を掴めました。
次節も皆様の力を借りて良い結果に繋げていきたいと思います。
本日も応援ありがとうございました。