MENU

【3月27日(日) FC岐阜戦】今井雅隆監督 試合後コメント

前節、不甲斐ないゲームで落としてしまい、その中で迎えたホーム2戦目でした。

岐阜さんとの対戦ということでスカウティングを準備した中、今日のゲームの滑り出しは前節の反省を活かし、非常に良かったと思います。

先制点を取れたこと、2点目をすぐに取ることができたことも大きかった。

その中で岐阜さんの攻撃を我々が辛抱強く守るところで、無失点で終えられたことも良かった。

それと同時に、もう少しボールを動かす作業をしないと自分達の形は作り切れないというのが前半に何度かあったところは改善点だと思っています。

前半2−0だったので、後半はリードしている展開のため、攻めて来る相手にカウンターをということでスタートして、スペースを消しながら機を見て得点取りたいというゲームプランでした。

守備は無失点に抑えられましたが、もう少しシュートまで持っていける場面を作ることができれば良かったという気はしています。

ただ、先週のゲームで自分達が不甲斐ない結果で終わってしまったため、今節はホームのサポーターの前で勝利を届けなければいけないとチーム全員で努力してくれた結果だと思っています。

今日もスタジアムで、そしてDAZNで応援してくださった皆様、ありがとうございました。