MENU

【6月13日(日) 鹿児島ユナイテッドFC戦】今井雅隆監督 試合後コメント

昨年から連勝するチャンスはありましたが、連勝できずに下位に低迷しているということもあったので、

(前節)勝って帰ってきた後の大事なゲームとして、今節は選手たちもキックオフを迎えたという試合前の準備段階がありました。

立ち上がりから鹿児島さんがあのような形で(攻勢に)出てくることは予想できていた中、ファウルで我々がリズムをとり切れなかったスタートでした。

その中でも徐々にリズムを取り戻してボールを動かしながらサイドから決定機を作ることもできていたが、(チャンスを)決め切れなかった。

少しバランスを崩していた右サイドを簡単に突破されてしまい先制点を許してしまったことがゲームプランに支障が出てしまったかなと思っています。

後を追いかけなければいけないゲーム展開になったことで厳しいゲームプランに(変更)せざるを得なかったという内容だったと感じています。

全体的なシステムについては、前半と後半で変えましたが、前半は守備ラインが高過ぎてスペースを相手に使われてしまった。

後半は、自分たちの距離感を保ちながらいけたので、全体的には後半の方が落ち着いてできたと理解しています。