MENU

【シャレン活動】東海地区のJリーグ6クラブによる「ソナエル東海」を発足いたしました

この度、Jリーグに所属する清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津、名古屋グランパス、FC岐阜の6クラブは、Jリーグ社会連携本部、通称シャレン!が2020シーズンに推進する4テーマ(防災、高齢者、子ども、一次産業)の1つである防災をテーマにしたプロジェクトをスタートいたします。

今後30年以内の発生確率が80%を超えると言われる南海トラフ巨大地震の発生や、その他のあらゆる災害に対して「楽しく備える」ことをコンセプトに、地域を中心とした多様な連携パートナーと共に、Jリーグクラブの持つ資源を使って頂くことを通じて、命を守り、そして避難生活に備えるための防災意識の高まりや、具体的な行動の喚起へと繋がって行くことを目指し、「ソナエル東海」を発足させましたのでお知らせいたします。

 

 

1.発足の目的

清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津、名古屋グランパス、FC岐阜の6クラブが、今後30年以内の発生確率が80%を超えると言われる南海トラフ地震の発生や、その他のあらゆる災害に対して「楽しく備える」ことをコンセプトに、地域を中心とした多様な連携パートナーと共に、Jリーグクラブの持つ資源を使って頂くことを通じて、命を守り、そして避難生活に備えるための防災意識の高まりや、具体的な行動の喚起へと繋がって行くことを目指します。

 

2.主たる連携パートナー

主に下記の団体、組織の皆様と社会連携を進め、「Jリーグクラブを使って」頂くことで防災に関する活動の充実を図ります。

 

 

特定非営利活動法人全国災害ボランティア支援団体ネットワーク (JVOAD)

 

一般社団法人FUKKO DESIGN

 

よんなな防災会

 

株式会社HITOTOWA

 

 

 

3.ソナエル東海の活動について

①ソナエル東海公式LINE powered by JVOADの開設

昨今の大規模災害時の大きな課題として、正確な情報が届けたい人に届かない、受け取った情報が正しいかの判断がつかない、といった情報に関することが挙げられます。この度、東海ソナエル公式LINEをJVOADと共に開設し、防災プラットフォームとして6クラブのファン、サポーターを中心として各ホームタウンの方々に登録を呼びかけます。

災害発生時には、JVOAD管理のもと正しい情報を登録者にお届けします。また平常時も、正しい防災知識の提供や、6クラブが行う各地でも防災活動に関する情報などを提供していきます。

 

 

 

②アスルクラロ沼津の活動計画について

◆全力防災隊発足

災害・防災に備え、防災のスペシャリストの集団を育成していきます。

いつ何時起こるかわからない災害に備え、いざという時に使える知識を習得する為に定期的な講習会を開催予定です。

まずは自分の身は自分で守る知識を習得すること、そして身近な人々の命を守るために必要な基礎的な知識・技能を取得すること、最終的には災害時に最前線で活躍できる防災のスペシャリストを育てていくことを目的としています。

メンバーはクラブのボランティアスタッフを中心に、地域住民・学生等、同じ思い・気持ちを持った人たちなど、幅広い方々を視野に入れて進めて参ります。