MENU

6/13(土)練習試合 vs ジュビロ磐田 リモート応援システム公開実証実験 実施のお知らせ

いつもアスルクラロ沼津を応援いただき、誠にありがとうございます。

6月13日(土)におこなわれるジュビロ磐田とのトレーニングマッチ(会場:ヤマハスタジアム)において、

ヤマハ株式会社が開発を進めるリモート応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD(リモートチアラー パワード バイ サウンドユーディー)』の実証実験を実施いたしますのでお知らせいたします。

試合は無観客でおこなわれ、サポーターの皆さまがリモート応援に参加する公開実験となります。

生配信される試合と連携しての公開実験は今回が初となります。

リモートチアラーを利用したサポーターの皆さまのご参加方法につきましては、改めてご案内させていただきます。

 

■開 催 日 : 6月13日(土) 18:00

■対 戦 相 手  : ジュビロ磐田

■会   場 : ヤマハスタジアム

※トレーニングマッチの模様はDAZNでライブ配信をいたします。

 DAZN視聴の登録はこちらをご確認ください。

 

【リモート応援システム『Remote Cheerer powered by SoundUD』】

昨今、テレビやラジオのみならず、ストリーミング配信、パブリックビューイングなどを通じて、音楽ライブやスポーツ中継、講演会などを離れた場所から鑑賞する機会が増えつつあります。しかし一方で、遠隔地やご自宅で鑑賞される方の熱い声援を会場に直接音で届けることは出来ていません。

本システムは、こうした課題を解決するために開発が進められている特許出願済みの新技術です。子育てや入院などで会場に行きたくても行けない方や、海外などの遠方にお住まいの方でも、対応アプリを使用することで、ご自身の声援を会場に設置したスピーカーを通じて、音で現場に届けることができます。

ほかにも、中継を見ている方だけが応援に参加できる機能や、放送と連動して視聴者限定コンテンツやサービスをスマートフォンに提供する機能、ユーザーから送られてきた音声に連動して会場のサイネージの表示コンテンツを切り替えたりする機能など、「SoundUD」の技術を活用して、遠隔地と会場をつなぐインタラクティブな演出を容易に行えるシステムです。

 

【「ニコニコネット超会議2020」での実証実験】

※「SoundUD推進コンソーシアム」(事務局:ヤマハ株式会社)が普及推進する音のユニバーサルデザイン(Sound Universal Design)を実現するための技術。「SoundUD」対応スポットでは、対応アプリを通じて、音や空間と連動して、その場で必要となる様々な情報に簡単にアクセスできます。本技術を活用し、日本語によるアナウンスなどの音声がわからない方にむけ、多言語の文字を提供することで情報保障をサポートする「おもてなしガイド」アプリ(提供元:一般社団法人音響通信協会)などが展開されています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。