MENU

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、Jリーグ参入2年目となった2018年は厳しい闘いが続き、結果は4位でしたが、最後まで2位争いに加わることができたことで沼津らしい戦いはできたのではと思います。

 

また、うれしいニュースとして吉田監督がJ3の優秀監督賞にも選ばれ、チームも2年連続してフェアプレー賞を受賞することができました。これもチームを応援してくださる株主様、スポンサー様、沼津市をはじめとする地元行政の皆様、そしていつも熱い声援を送っていただくファン・サポーターの皆様のおかげだと深く感謝しております。

 

昨年の最終戦後のセレモニーでは約1,500名のスクール生を代表して310名の子供たちにも参加してもらいました。この子供たちの中から、将来さらに成長し、トップチームで活躍する選手が多数出ることがわれわれの夢であり、育成型のクラブの使命であると考えております。

 

2019年のJ3は新たに1チームが増え、またJ2経験チームも6チームとなり、昨年以上の厳しい闘いが予想されます。

しかし、「全力アスル」のスローガンのとおり全員がすべてのゲームに愚直にボールを追い、走り抜き、全力で闘志あふれるプレーをする1年にしたいと思います。

 

クラブとしては、まだ小さく成長過程にありますが、チームの力とファン・サポーターのご声援、静岡県東部地域の力のすべてが揃ったときにクラブとしてまた新たな領域に入っていけるものと信じております。

本年も引き続き皆様のご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

新しい年が応援してくださるすべての皆様にとって良い年になるよう祈念いたしまして、新年の挨拶とさせていただきます。

 

2019年 元旦

アスルクラロスルガ株式会社

代表取締役社長 渡邉 隆司